シリーズセミナー(SRS)

「THE GATE Series Seminar」は、経営、医療、教育、福祉、法務などの専門分野の方々を対象に、年3回、開催される登録制のセミナーです。それぞれの現場におけるTL人間学(魂の学)の実践報告、またオリジナルシートへの取り組みや分野別研修、シンポジウムなど、様々な研修をご用意しています。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

今期の登録申し込み締め切りは、12月4日(火)です。お問い合わせ、お申し込みは、下記のトータルライフ総合事務局までご連絡ください。

 

THE GATE Series Seminar

 「THE GATE Series Seminar」のご案内

世界の枠組みが流動化する中で、米中の主導権争いが表面化し、北朝鮮問題も不透明化するなど、日本をめぐる環境や、また、私たち1人ひとりの仕事にも、これまで体験したことのない変化が表れています。

八方ふさがりと感じられている方も多いと思われますが、経営、医療、教育、福祉、法務など、専門分野の私たちの場を多年にわたってご指導くださっている高橋佳子先生は、人間と世界に対する深い洞察から、いかなる問題も解決の主導権は私たちの側にあるとおっしゃいます。

なぜなら、私たちは、人生をかけてどうしても果たしたい願いを持って生まれて来た魂の存在だからです。この原点に立ち還ることによって、試練の見え方も全く変わり、新しい問題解決や創造の道が開くことになります。この場には、高橋先生の比類なきご指導の下、すでにそのことを実証し、目を見張る成果を上げた方々があふれるように輩出しています。

このセミナーを通して、一人でも多くの方が、ご自身が抱えていらっしゃる問題解決への新たな智慧と境地を獲得していただき、「こんな道があったのか!まさに私が知りたかったことだ!」と実感していただくことが、私たちの願いであり、歓びです。 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

2018年9月
 トータルライフ総合事務局代表 久水宏之

■開催概要

  
2018/12/15(土) - 16(日)

東京プリンスホテル
                *終了いたしました。

  
2019/3/23(土) - 24(日)

東京プリンスホテル
                *終了いたしました。

  
2019/7/14(日) - 15(月・祝)

東京プリンスホテル

*開催時間は、1日目14:00~22:00
    2日目9:00~18:00(終了予定)です。

■参加資格

定員320名

医療の国家資格(※)を有し、現在現場をお持ちの方であれば、どなたでもこ参加いただけます。
(※)基本的な国家資格:医師、歯科医師、看護師、准看護師、薬剤師、保健師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、歯科技工士、栄養士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師 など

■申込締切

2018年12月4日(火)

■主催

お問い合わせ先 トータルライフ総合事務局

〒111-0034 東京都台東区雷門2-2-5
                  トータルライフ東京会館3F

専用ダイヤル   0120-945-313

3月23日(土)~24日(日)、「第2次THE GATE Series seminar第2回」が東京プリンスホテルで開催されました!

第2次THE GATE Series seminar第2回

100回目を迎えた専門分野のシリーズセミナー

3月23日(土)~24日(日)、「第2次THE GATE Series seminar第2回」が東京プリンスホテルで開催されました(トータルライフ総合事務局主催)。

1996年より始まった、経営・医療・教育をはじめとする専門分野のシリーズセミナーは、今回で100回目を迎えました。そして今、各分野における「魂の学」の実践の積み重ねによって、社会的にも注目される成果が生まれつつあります。
当日は、真っ青な空のもと、薄紅の桜が咲き始める中で、約1000名の方々が集いました。

 カオスに応えるために、後智慧を体得する

セミナーテーマは、「最高の人生のつくり方 グレートカオスの秘密」です。 プログラムは、初回の「第2次THE GATE Series seminar」の高橋佳子先生の講義を視聴するところから始まりました。
その中で高橋先生が説かれる「カオス発想術」──。それは、目の前の出来事や事態を、光と闇が折りたたまれた「カオス」と捉え、その光と可能性を引き出してゆく新たな生き方です。
今回は、その中で、現れた現実を、心と現実の両面から洞察する「後智慧」について、教材シートなどを通して学んでゆきました。グループミーティングでは、「これまで業務改善ばかりを考えてきたが、心を見ることがいかに大切かがわかった」「後智慧からこれほど得られることが多いことに驚いた」など、互いの取り組みに様々な気づきが連鎖し合い、会場の熱は高まってゆきました。
そして、夜の全体研修では、高橋先生の講演映像に「カオス発想術」の極意を学ぶ中で、後智慧によって境地が深まり、智慧に満ちた判断や行動ができるようになることが深く胸落ちしていったのです。

 『最高の人生のつくり方』によって開かれる新たな地平

2日目午前中、分野別研修においてさらにシートの取り組みを深めた後、再び一堂に会して行われたシンポジウムでは、セミナーテーマと同じタイトルの高橋先生の著作『最高の人生のつくり方』によって、今、各業界や分野で新たな地平が開かれていることが、経済学者の岡部光明さん、コンサート企画制作会社社長の菊地哲榮さんから報告されました。

 心を進化・成長させ、人間の力を解放する「カオス発想術」

そして、昼食休憩の後は、高橋先生の講義です。
先生は、AI(人工知能)のめざましい発展によって、逆に感覚・感情・思考・意志といった人間の心の力を育むことが呼びかけられていること、そしてその心の進化・成長を果たし、人間の力を解放させるのが、まさに「カオス発想術」であることを明かしてゆかれました。そして、お1人の経営者を壇上に招かれ、その具体的な実践を紐解いてゆかれたのです。自らの心を進化・成長させ、いかんともしがたい人間関係を変え、会社を変え、地域まで変えてゆく力強い歩みに、会場からは万雷の拍手が起こりました。
私も、「カオス発想術」を体得し、自分のカオスから最高の可能性を引き出したい──。そのような志を胸に、参加者の方々は、それぞれの分野の未来を切り開く挑戦に歩み出してゆきました。

実践レポート

具現のサイクルを回し続けることで課題を解決できる

普段の医療の仕事では、早くこなすことが重要で、なかなか振り返りができず、ほとんど後智慧に取り組んだことがありませんでした。物事がうまくゆくと、「うまくいった」で終わってしまっていましたが、それでは、自分の境地も進化せず、カオスに形をつけることもできないことに気づきました。実践報告した方と同様、私も次世代の育みについてずっと悩んできましたが、具現のサイクルを回し続けることで解決できると思いました。これからの仕事に大切な視点を頂きました。(60代男性・医療・北海道)